阪急のヘッドマーク

阪神競馬場レースPR

 阪急今津線仁川駅を最寄り駅とする阪神競馬場で開催されるレースをPRするヘッドマークが,2014年以降,今津線を走る車両を中心に掲出されることがあります。

阪急杯

 重賞(GIII)レース阪急杯が開催されるのをPRするヘッドマークが,レース開催日の少し前からレース当日まで掲出されるようになりました。

2020年

 2020年は2月21日からレース当日の3月1日まで,今津線を走る5000系6連に阪急杯ヘッドマークが掲出されました。 (2月21日〜28日:5004×6R・5008×6R/2月29日〜3月1日:5001×6R) (写真は5004×6R)

「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマークを掲出する阪急5004×6R 「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマーク

 この年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客でレースが行われ, 電話・インターネット投票による発売・払戻のみ行われましたが,ヘッドマークはレース当日まで掲出されました。

2020/03/01 記

2019年

 2019年は2月15日からレース当日の2月24日まで,今津線を走る2編成(5001×6R・5012×6R)に阪急杯ヘッドマークが掲出されました。 (写真は5001×6R)

「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマークを掲出する阪急5001×6R 「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマーク
2019/02/24 記

2018年

 2018年は2月16日からレース当日の2月25日まで,今津線を走る2編成(5002×6R・5004×6R)に阪急杯ヘッドマークが掲出されています。 (写真は5002×6R)

「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマークを掲出する阪急5002×6R 「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマーク
2018/02/25 記

2017年

 2017年は2月17日からレース当日の2月26日まで,今津線を走る2編成(5004×6R・5010×6R)に阪急杯ヘッドマークが掲出されています。 (写真は5004×6R)

「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマークを掲出する阪急5004×6R 「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマーク
2017/02/26 記

2016年

 2016年は2月19日からレース当日の2月28日まで,今津線を走る2編成(3078×6R・3056×6R)に阪急杯ヘッドマークが掲出されています。 (写真は3078×6R)

「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマークを掲出する阪急3078×6R 「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマーク
2016/02/21 記,2016/02/27 追記

2015年

 2015年は2月21日からレース当日の3月1日まで,今津線を走る2編成(3056×6R・7001×6R)に阪急杯ヘッドマークが掲出されています。 (写真は3056×6R)

「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマークを掲出する阪急3056×6R 「阪神競馬場 阪急杯」ヘッドマーク
2015/02/26 記

大阪杯

 大阪杯が2017年にGIレースに昇格し,同年からこのレースの開催をPRするヘッドマークが掲出されるようになりました。

2020年

 2020年は3月30日からレース当日の4月5日まで, 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(7007×8R・5001×6R・5004×6R・5006×6R)に大阪杯ヘッドマークが掲出されました。

 この年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客でレースが行われ, 電話・インターネット投票による発売・払戻のみ行われましたが,ヘッドマークはレース当日まで掲出されました。

2020/04/12 記

2019年

 2019年は3月22日からレース当日の3月31日まで, 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(7019×8R・5001×6R・5008×6R・5012×6R)に大阪杯ヘッドマークが掲出されています。 (写真は神戸線7019×8R・今津線5001×6R)

「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマークを掲出する阪急7019×8R 「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマーク
「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマークを掲出する阪急5001×8R
2019/03/24 記

2018年

 大阪杯がGIレースに昇格して2年目となる2018年は3月23日からレース当日の4月1日まで, 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(8008×8R・5004×6R・5012×6R・5102×6R)に大阪杯ヘッドマークが掲出されました。 (写真は神戸線8008×8R・今津線5012×6R)

「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマークを掲出する阪急8008×8R 「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマーク
「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマークを掲出する阪急5012×8R
2018/04/01 記

2017年

 大阪杯がGIに昇格して初めて開催される2017年は,3月24日からレース当日の4月2日まで 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(1000×8R・5004×6R・5010×6R・5102×6R)に大阪杯ヘッドマークが掲出されています。 (写真は神戸線1000×8R・今津線5010×6R)

「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマークを掲出する阪急1000×8R 「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマーク
「阪神競馬場 大阪杯」ヘッドマークを掲出する阪急5010×8R
2017/03/26 記

桜花賞

 阪神競馬場で毎年4月に開催される重賞(GI)レース桜花賞をPRするヘッドマークが,2015年から,レース開催の少し前から今津線を走る編成に掲出されています。

2020年

 2020年は4月6日からレース当日の4月12日まで,今津線を走る2編成(5001×6R・5004×6R)に桜花賞ヘッドマークが掲出されました。

 この年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客でレースが行われ, 電話・インターネット投票による発売・払戻のみ行われましたが,ヘッドマークはレース当日まで掲出されました。

2020/04/12 記

2019年

 2019年は4月1日からレース当日の4月7日まで,今津線を走る2編成(5001×6R・5008×6R)に桜花賞ヘッドマークが掲出されています。 (写真は5008×6R)

「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマークを掲出する阪急5008×6R 「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマーク
2019/04/04 記

2018年

 2018年は4月2日からレース当日の4月8日まで,今津線を走る2編成(5006×6R・5012×6R)に桜花賞ヘッドマークが掲出されました。 (写真は5006×6R)

「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマークを掲出する阪急5006×6R 「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマーク
2018/04/14 記

2017年

 2017年は4月3日からレース当日の4月9日まで,今津線を走る2編成(5004×6R・5010×6R)に桜花賞ヘッドマークが掲出されています。 (写真は5010×6R)

「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマークを掲出する阪急5010×6R 「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマーク
2017/04/07 記

2016年

 2016年は4月2日からレース当日の4月10日まで,今津線を走る2編成(3152×6R・3078×6R)に桜花賞ヘッドマークが掲出されています。 (写真は3152×6R)

「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマークを掲出する阪急3152×6R 「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマーク
2016/04/11 記

2015年

 桜花賞ヘッドマーク初年の2015年は4月3日からレース当日の4月12日まで,今津線を走る2編成(3152×6R・7003×6R)に掲出されています。 (写真は7003×6R)

「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマークを掲出する阪急7003×6R 「阪神競馬場 桜花賞」ヘッドマーク
2015/04/06 記

宝塚記念

 重賞(GI)レースの宝塚記念が開催されるのをPRするヘッドマークが,レース開催日の少し前からレース当日まで掲出されるようになりました。

2020年

 2020年の宝塚記念は6月28日に行われましたが,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客でのレースとなり, 電話・インターネット投票による発売・払戻のみ行われ,神戸本線・今津(北)線のいずれもヘッドマークは掲出されませんでした。

2020/06/28 記

2019年

 2019年は6月18日からレース当日の6月23日まで, 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(7020×8R・5004×6R・5006×6R・5012×6R)に宝塚記念のヘッドマークが掲出されました。 (写真は今津線5012×6R・神戸線7020×8R)

「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急5012×6R 「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマーク
「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急7020×8R
2019/06/23 記

2018年

 2018年は6月15日からレース当日の6月24日まで, 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(7019×8R・5004×6R・5006×6R・5008×6R)に宝塚記念のヘッドマークが掲出されています。 (写真は今津線5006×6R・神戸線7019×8R)

「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急5006×6R 「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマーク
「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急7119×8
2018/06/23 記

2017年

 2017年は6月19日からレース当日の6月25日まで, 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(1000×8R・7006×6R・5004×6R・5102×6R)に宝塚記念のヘッドマークが掲出されています。 (写真は今津線7006×6R・神戸線1000×8R)

「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急7006×6R 「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマーク
「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急1000×8R
2017/06/25 記

2016年

 2016年は6月17日からレース当日の6月26日まで, 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(1007×8R・7001×6R・5010×6R・3082×6R)に宝塚記念のヘッドマークが掲出されています。 (写真は今津線7001×6R・神戸線1007×8R)

「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急7001×6R 「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマーク
「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急1007×8R
2016/06/22 記

2015年

 2015年は6月18日からレース当日の6月28日まで, 神戸本線・今津(北)線を走る8連1編成と6連3編成(1002×8R・3154×6R・7003×6R・3082×6R)に宝塚記念のヘッドマークが掲出されています。 (写真は神戸線1002×8R・今津線7003×6R)

「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急1002×8R 「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマーク
「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急7003×6R
2015/06/24 記,2015/06/28 追記

2014年

 宝塚記念ヘッドマーク初めての掲出は2014年は6月23日からレース当日の6月29日まで,今津線を走る2編成(3154×6R・7014×6R)に掲出されています。(写真は3154×6R)

「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマークを掲出する阪急3154×6R 「阪神競馬場 宝塚記念」ヘッドマーク
2014/06/28 記

阪神ジュベナイルフィリーズ

 阪神競馬場で12月に行われる二つのGIレースをPRするヘッドマークが,2016年から掲出されるようになりました。

 2016年は約2週間,今津(北)線を走る6連2編成の宝塚方に阪神ジュベナイルフィリーズ,西宮北口方に朝日杯フューチュリティステークスのヘッドマークが掲出されていましたが, 2017年からはレースごとに掲出期間を分け,それぞれレース開催日の約1週間前から編成の前後に同じヘッドマークが掲出されます。

2019年

 2019年の阪神ジュベナイルフィリーズヘッドマークは11月29日から12月8日まで,今津(北)線を走る6連2編成(5008×6R・5012×6R)の両先頭車に掲出されていました。 (写真は5008F×6R)

「阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ」ヘッドマークを掲出する阪急5008F 「阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ」ヘッドマーク
2019/12/08 記

2018年

 2018年の阪神ジュベナイルフィリーズヘッドマークは11月30日から12月9日まで,今津(北)線を走る6連2編成(5004×6R・5012×6R)の両先頭車に掲出されています。 (写真は5012F×6R)

「阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ」ヘッドマークを掲出する阪急5012F 「阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ」ヘッドマーク
2018/11/30 記

2017年

 2017年の阪神ジュベナイルフィリーズヘッドマークは12月1日から12月10日まで,今津(北)線を走る6連2編成(5004×6R・5012×6R)の両先頭車に掲出されています。 (写真は5004×6R)

「阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ」ヘッドマークを掲出する阪急5004F 「阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ」ヘッドマーク
2017/12/03 記

2016年

 2016年の阪神ジュベナイルフィリーズヘッドマークは12月2日から12月18日まで,今津(北)線を走る6連2編成(7001×6R・5010×6R)の宝塚方に掲出されました。 (西宮北口方は朝日杯フューチュリティステークスヘッドマーク。) (写真は5010×6R)

「阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ」ヘッドマークを掲出する阪急5061 「阪神競馬場 阪神ジュベナイルフィリーズ」ヘッドマーク
2016/12/11 記,2017/12/03 再編

朝日杯フューチュリティステークス

 阪神競馬場で12月に行われる二つのGIレースをPRするヘッドマークが,2016年から掲出されるようになりました。

 2016年は約2週間,今津(北)線を走る6連2編成の宝塚方に阪神ジュベナイルフィリーズ,西宮北口方に朝日杯フューチュリティステークスのヘッドマークが掲出されていましたが, 2017年からはレースごとに掲出期間を分け,それぞれレース開催日の約1週間前から編成の前後に同じヘッドマークが掲出されます。

2019年

 2019年の朝日杯フューチュリティステークスヘッドマークは12月9日から12月15日まで,今津(北)線を走る6連2編成(5008×6R・5012×6R)の両先頭車に掲出されました。 (写真は5012×6R)

「阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス」ヘッドマークを掲出する阪急5012F 「阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス」ヘッドマーク
2019/12/14 記

2018年

 2018年の朝日杯フューチュリティステークスヘッドマークは12月10日から12月16日まで,今津(北)線を走る6連2編成(5004×6R・5008×6R)の両先頭車に掲出されました。 (写真は5004×6R)

「阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス」ヘッドマークを掲出する阪急5004F 「阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス」ヘッドマーク
2018/12/16 記

2017年

 2017年の朝日杯フューチュリティステークスヘッドマークは12月11日から12月17日まで,今津(北)線を走る6連2編成(5002×6R・5006×6R)の両先頭車に掲出されました。 (写真は5002×6R)

「阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス」ヘッドマークを掲出する阪急5002F 「阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス」ヘッドマーク
2017/12/17 記

2016年

 2016年の朝日杯フューチュリティステークスヘッドマークは12月2日から12月18日まで,今津(北)線を走る6連2編成(7001×6R・5010×6R)の西宮北口方に掲出されました。 (宝塚方は阪神ジュベナイルフィリーズヘッドマーク。) (写真は5010×6R)

「阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス」ヘッドマークを掲出する阪急5010 「阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス」ヘッドマーク
2016/12/11 記,2017/12/03 再編

阪神競馬場70周年

 阪神競馬場が1949年12月3日に開場してから2019年で70周年を迎えるのを記念して,「阪神競馬場70周年記念ロゴ」のヘッドマークが11月29日から12月8日まで, 神戸線を走る8連3編成(9000×8R・8020×8R・1000×8R)の両先頭車に掲出されています。 (写真は8020×8R)

「阪神競馬場70周年記念ロゴ」ヘッドマークを掲出する阪急8020F 「阪神競馬場70周年記念ロゴ」ヘッドマーク
2019/12/07 記

2014/06/28 開設
ヘッドマーク   阪急   神戸鉄道資料館